新百合ヶ丘では家族葬が人気!情報通の葬儀業者と最適なプランを検討

新百合ヶ丘で身内だけの葬儀をするなら家族葬もおすすめ

高齢であったため故人と付き合いのある会社関係者や友人などが多くないというケースは、高齢化社会の現代では少なくありません。新百合ヶ丘エリアでも、かつてのような大規模な葬儀よりも参列人数や規模を抑えた葬儀の方が適するケースは多くあります。
そのようなときに選択肢として考えられるものの1つには、家族葬が挙げられるでしょう。家族葬は主に身内だけ参列する葬式で、新百合ヶ丘でも通夜と告別式をするのが一般的です。参列人数は20人以下が多いと言われています。家族や親族、関係が深かった友人も集まることがありますが、ほぼ他人と呼べるほど縁遠い一般会葬者は参列しないところに特徴があります。
小規模な葬儀と言えば、直葬や一日葬を思い浮かべる人もいるかもしれません。しかし直葬や一日葬とは異なり、一般葬と同様に2日かけて見送るのが特徴です。規模は小さいながらも、一般的なお葬式と同じような流れでできるところに違いがあります。ただし身内のみでおこなうため、料理や返礼品をどのようにするかは自由に決めることができます。家族葬では、希望があれば宗教儀式をしない自由な葬儀にすることも可能です。とはいえ新百合ヶ丘でも多くの場合には、仏教のしきたりにのっとった葬儀が選ばれています。

記事リスト

最新投稿